2010年03月19日

<大阪市営地下鉄>ポイント替えず通過 脱線、衝突の恐れ(毎日新聞)

 15日午前5時50分ごろ、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の鶴見緑地駅で、構内のポイントが切り替わらなくなり、市交通局は同11時過ぎまで全線で運転を見合わせた。上下132本が運休し、約5万7000人に影響。市交通局は同日夜、本来通過できないポイントを無理に通過したことによるポイント故障が原因と発表した。

 運転指令が運転士に対し必要な指示をしなかった人為的ミスで、当該電車は、切り替わっていない別のポイントも通過。先行電車が停車中の線路に進入し、非常ブレーキで急停止していたことも分かった。国土交通省近畿運輸局は事態を重視し、同日、「衝突や脱線事故につながる恐れがあった」と市交通局を文書指導。原因究明と再発防止を求めた。

 市交通局によると、当該電車は大正発門真南行きの始発電車。午前5時27分ごろ、この電車に搭載されているATC(自動列車制御装置)が京橋駅付近で故障して停止。運転指令がATCを解除した上で、速度を落として注意運転をするよう指示したが、ポイントを切り替える作業を怠ったため、電車は不正常なポイントを2カ所通過した。

 鶴見緑地駅手前のポイントでは、進めないのに無理に進入した「割り出し」が発生。門真南駅手前では、1番線に入線すべきところ、乗客約20人を乗せたまま、先行電車が停車中の2番線に進入。この段階で運転指令が気づき、約70メートル手前で停止した。【石川隆宣】

【関連ニュース】
掘り出しニュース:スナック勤務の女性に“無料乗車券” 助役を処分
特集:平城満開1300年の宴
ラッピング観光列車:第3編成「万葉の四季」、13日から運行−−桜井 /奈良
大阪市営地下鉄:乗車券不正使用の2人を懲戒免職 /大阪
不正譲渡:市営地下鉄・岸里駅助役補が乗車票を 大阪市が処分へ /大阪

大学生の就職内定率、過去最低の80・0%(読売新聞)
追突死公判閉廷…「息子返せ」と母が被告たたく(読売新聞)
出先機関の仕事も「仕分け」=原口総務相(時事通信)
<東京都>水道で国際貢献とビジネス 10カ国に職員派遣へ(毎日新聞)
元税務職員の79歳・税理士、3千万脱税容疑(読売新聞)
posted by オクハラ エツコ at 06:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。